治ったはずのカンジダが何度も再発してしまうのはどうしてだろう。

MENU

男性カンジダの原因

 

性器カンジダ症はカンジダ菌によって発症する病気で、女性に多く見られますが男性も発症しないと言うわけではありません。男性の性器は女性と異なり、通気性が良いので性器やその周辺を清潔に保っていれば発症することはあまりないのですが、亀頭や包皮に性器カンジダ症の原因となるカンジダ菌が付着してしまうと雑菌や真菌が感染して亀頭包皮炎を引き起こしてしまうこともあります。男性が発症した場合には亀頭などにかゆみや赤い発疹、軽い痛み、白っぽい垢、多々連などが起こります。人によっては尿道炎を起こすこともあります。この中でも白っぽい垢のような物が出るのが大きな特徴で、健康な時にはほとんど出ることはありません。発症しても痛みが起こることは少なく、痛みを感じると言う場合には皮膚に炎症が起こっていることが多く、その場合は皮膚が弱く裂けやすい状態になっているので強い刺激を与えないように注意することが大切です。発症の原因はカンジダ菌に感染するためですが、その感染原因は男女ともほぼ同じで風邪などにかかったり疲労が溜まったり、ストレスが溜まったりすることによって免疫力が低下したり、抗生物質やステロイド剤などの使用、通気性の悪い下着の着用、性器やその周辺を不潔な状態にしてしまうこと、感染者との性交渉などです。

 

 

カンジダ症やいんきんたむしかもと思ったら…

 

カンジダ症は、主に女性がかかりやすいですが、男性でも発症する場合があります。また、いんきんたむしは逆に男性に発症しやすいですが、女性に感染する場合もあります。
カンジダ症はかゆみや痛みなどが出ますが、それ以外にもいくつかの症状が出る可能性もあります。
いんきんたむしは、白癬菌が原因で発症する病気です。いんきんたむしは、一度発症するとなかなか治らない病気なので非常に厄介といえます。
どちらの病気も発症してしまった場合には、放置せずに病院で治療を受けることをおすすめします。放置すると症状が悪化してしまう場合もあります。また、他の人に感染させてしまう危険性もあるのでできるだけ早い治療をするのが望ましいでしょう。
病院では、塗り薬や飲み薬などを処方してくれるので、症状が治まるまで病院に通いましょう。
カンジダ症は、免疫力が低下することでかかりやすい病気です。治療と平行して、健康的な生活を心がけると治りが早いはずです。食事にも気を使い、栄養バランスを考えた食事をするようにするといいでしょう。また、睡眠不足なども免疫力低下につながります。しっかりと睡眠を取り、またストレスなどを抱え込まないように適度に発散することを意識して生活するといいでしょう。