亀頭包皮炎

治ったはずのカンジダが何度も再発してしまうのはどうしてだろう。

MENU

亀頭包皮炎の再発のしやすさ

 

亀頭包皮炎は亀頭と包皮が炎症を起こして赤く腫れたり、痛みや痒みをもったりただれたり、ぶつぶつがでたりします。
汚れた手で触ることや、トイレの際に皮膚や便が保有していた菌によって感染することが主ではありますが、性行為での感染や薬品などのアレルギーを発症することでも起こるので、原因が特定しづらいのが特徴です。
大人の場合治りにくく、治っても再発のしやすさが高いとされています。
包茎の場合はそういった悪条件が揃いやすく亀頭包皮炎になりやすいとはされていますが、包茎だから必ずなると言うものではありません。

 

治療は原因によって変わります。
主に軟膏やクリームをぬることで炎症を抑えるのですが、性行為での感染が多い淋菌やカンジダ、尿に含まれた抗生物質にアレルギー反応を起こしてしまったといった場合は抗真菌剤を使用します。
軟膏やクリームで治りにくい場合もあるので、その際は早めの再診に行くとよいでしょう。

 

再発を防ぐには原因を断つために患部を清潔にすることや、反応を起こしてしまったアレルギー物質を摂らないことなどが重要となってきます。性行為による感染の場合、相手もそういった菌に侵されていることがあるので、婦人科での診療をするよう勧めておく必要があります。

 

 

放置したらどうなる?亀頭包皮炎

 

亀頭包皮炎とは包茎男性に多く罹患しやすい病気で亀頭や包皮が炎症を起こしたものです。包茎のために包皮が亀頭を覆っているため汚れが溜まりやすく、黄色ブドウ球菌や大腸菌などが繁殖しやすい状態となり、そこへ性行為や自慰などによって亀頭に傷が生じることで感染してしまうわけです。これ以外にも女性から淋菌やカンジダ菌を感染させられた場合にも亀頭包皮炎は起こります。症状は紅斑や掻痒感、疼痛といった場合がほとんどですが、カンジダ菌が原因の場合は痒みを伴った白いかすが溜まることがあります。亀頭包皮炎を放置しておくと、尿道狭窄や二次性真性包茎、陰茎がんになる場合もあるため速やかに治療が必要となります。黄色ブドウ球菌や大腸菌が原因の場合は抗生物質の内服薬や塗り薬を、カンジダ真菌が原因の場合は抗真菌薬の塗り薬を使用します。また予防的に亀頭や包皮を清潔にしておくことが重要ですが、石鹸を用いて洗いすぎると周囲の常在細菌叢を死滅させてしまい逆に原因菌を繁殖させて余計に炎症や掻痒感を増すことになるため洗いすぎには注意が必要です。亀頭包皮炎はそれほど怖い病気ではありませんので症状が出現したら早めに泌尿器科を受診するとよいでしょう。

 

 

男性のカンジダ亀頭包皮炎を正しく治療

 

亀頭包皮炎の治療では、清潔に保つように洗うことが大切になります。そのため、包皮が清潔に保てないことの多い包茎の人や細菌が増殖しやすい糖尿病の人が発症しやすいとされています。
カンジダ亀頭包皮炎の場合は、石けんを使って強く洗い過ぎると症状を悪化させることがあるため、要注意です。石けんなどは使わずに軽くぬるま湯で流す程度にし、刺激を避けることです。薬は、抗真菌剤の塗り薬を使用します。亀頭や包皮は粘膜が敏感なため、刺激のない軟膏を使用することが多いです。赤みやかゆみが同時にある場合には、微量のステロイドが含まれている塗り薬を使用したり、抗真菌剤の塗り薬と混合して使用することもあります。薬の効果には、個人差があるため、経過観察しながら薬を調整していきます。
カンジダと細菌が混ざって炎症を引き起こしている場合やどちらが原因かはっきりしていない場合には、抗真菌剤の塗り薬だけでなく、抗生物質の飲み薬も使用することになります。効き目には個人差があるため、状況に合わせて薬が処方されていきます。
カンジダ亀頭包皮炎の場合は、パートナーがカンジダ性膣炎を発症していることが多いため、パートナーも一緒に検査することが望ましいとされています。

亀頭包皮炎の再発のしやすさ記事一覧

亀頭包皮炎の原因菌は子どもは「細菌」が多いが大人は「カンジダ」が多いです亀頭包皮炎とは男性器の先端部、亀頭と呼ばれている部位から包皮にかけて炎症が起こっている状態のことをいいます。原因は様々で、子どもから大人まで感染するリスクを持っています。子どもが感染する場合は、自らの手にい付いている細菌などが原因で発症することが多く、亀頭が赤く腫れたり、膿、排尿時の痛みなどが症状として現れます。子どもの場合は...

カンジダ性亀頭包皮炎の薬は薬局でも購入できます亀頭包皮炎は男性であれば誰にでも関背の可能性があるペニスの炎症の一つです。自慰行為で傷を付けた場合、女性との性行為による感染など様々な理由で亀頭包皮炎と呼ばれる症状が発生することが知られています。実はこの亀頭包皮炎には大きく分けて二種類の原因が存在しています。それは細菌の感染によるものである場合もありますが、大人の場合にはカンジダと呼ばれるカビの一種が...

カンジダ性亀頭包皮炎について詳しく知ろう亀頭包皮炎は亀頭や亀頭を包む包皮の内側に増殖した細菌によるものと、どこにでもいるカンジダ菌によるものとがあります、細菌による亀頭包皮炎は新陳代謝の活発な若年期に多いのが特徴ですが、成人期からはカンジダ菌によるものが割合として多くなってきます。その原因を詳しくみてみると不摂生な生活サイクルや過労、睡眠不足、過度なストレスや風邪などで体の抵抗力が低下した際に発症...

亀頭包皮炎と温泉の関係温泉などで水虫などをうつされた、と言う方も少なくありませんが、これは実は温泉でうつされたわけではないと申せます。正確に言うならば足ふきマットなどでうつされた、ということが言えましょう。亀頭包皮炎も同じです。亀頭包皮炎は亀頭や包皮に何らかの原因でついた傷に雑菌などが入り込み炎症を起こす病気です。小さな子供でも、性器をさわったりすることで、爪などによって小さな傷がつき、そこに雑菌...

亀頭包皮炎とカンジタはどう違うの?亀頭包皮炎は亀頭や包皮に、何らかの原因で傷がつき、その傷に雑菌などが入り込んで炎症を起こす病気の総称と申せます。したがって、亀頭包皮炎がそのまま性感染症と言えるわけではありません。小さな子供でも発症するいわば男性器特有の病気であると申せましょう。カンジタというのは、主に女性の性器に繁殖する真菌、すなわちカビの一種で、こちらも性交渉で感染するわけではなく、もともと女...

男性カンジダの原因性器カンジダ症はカンジダ菌によって発症する病気で、女性に多く見られますが男性も発症しないと言うわけではありません。男性の性器は女性と異なり、通気性が良いので性器やその周辺を清潔に保っていれば発症することはあまりないのですが、亀頭や包皮に性器カンジダ症の原因となるカンジダ菌が付着してしまうと雑菌や真菌が感染して亀頭包皮炎を引き起こしてしまうこともあります。男性が発症した場合には亀頭...