治ったはずのカンジダが何度も再発してしまうのはどうしてだろう。

MENU

カンジダ特有のにおいとは

 

正常な膣内に多く存在するデーデルライン菌は、膣の自浄作用や生体バリヤーとしての役割を果たしており、体調の悪化などでデーデルライン菌が減少し、カンジダ菌や膣ガルドネラ菌などが繁殖します。稀に、風邪薬などの抗生物質やビデなどによる過度の膣内の洗浄でもデーデルライン桿菌の減少し、膣ガルドネラ菌などの繁殖を引き起こすケースがあります。
カンジダは、性行為で感染する為に伝染する性病のイメージが一般的ですが、膣内に発生する細菌性の感染症です。本来は、誰でも持っている常在菌であり性病ではありません。その為、性行為の経験が無くても、ストレスや睡眠不足などが原因で一時的に身体の免疫力や抵抗力が低下する事により症状が発症するケースがあります。
においとしては、魚の腐った様な生臭い強烈な悪臭がするケースが殆どであり、黄色いで粘っこいヨーグルト状のおりものが多く痒みもあります。局部の適切な洗浄によるケアや体調の回復により自然治癒するケースもあります。
又、現在ではカンジダの繁殖を抑制する為に、膣内を酸性状態に維持する効果を持つPL乳酸菌が発見されています。乳酸菌は、膣薬の様な外用薬では無く、摂取による膣内の酸度を正常に保つカンジダ対策に効果があるとされています。

 

 

 

口腔カンジダの恐怖を体験しないための生活

 

口腔カンジダの改善に向けて口腔を綺麗にするには、コツがいります。歯科で指導してもらうと、ブラッシングのみならず、他の手段で綺麗にする方法も指導してもらうことができるでしょう。

 

生活管理をしっかりしなければ、どんどん口腔カンジダの菌が増殖します。進行してしまうと痛みが発生するなど、日常生活の質を落としてしまうのです。こうしたリスクを少しでも改善する動きを取っておくことが、問題を小さいうちに解決するきっかけを作ってくれます。

 

何気ない生活で口の中に違和感がないというのが、どれだけ健康であったかを考えるほど、口腔カンジダは不快となります。ただし、高齢者に多く、成人が普通に生活をする分には、ほとんど口腔カンジダにかかることはありません。唯一考えられるとすれば、薬による治療を行った結果、口腔や体の中の常在菌のバランスが崩れた時に出現するのです。

 

もしくは基礎疾患があれば、成人であっても容易に口腔カンジダを発症します。原因はやはり、体の中の免疫機能が低下することによって、普段は増殖せずにバランスを保っているものが、一気に活発になるということなのでしょう。

 

体のことを知っておけば、口腔カンジダの恐怖からは逃れることができます。発症する前に未然に防ぐことも重要です。