カンジダ膣炎

治ったはずのカンジダが何度も再発してしまうのはどうしてだろう。

MENU

ストレスを加えることで発症するカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は性交により感染するばかりではありません。体力が落ち、ストレスがたまっていることでもなる病気です。性病は偏見のある病気なので、カンジダ膣炎になってことを恥ずかしく思う女性も多いですが、よくある女性特有の病気なので心配しすぎないようにしましょう。まずはデリケートゾーンを清潔に保つことが大事です。もしカンジダ膣炎になってしまったらかゆくても陰部を触らないようにしましょう。軽度の炎症であれば薬局で売られている薬で治ります。特に肌が弱くかぶれやすい人は常時持っておくと良いです。疲れがたまり、ストレスが原因でなることもありますが、もし頻繁に起こるのであれば病院に行くのが一番良いです。ひどくなければ受診しなくても自然に治っていきます。ただしカンジダ膣炎になるくらい自分は疲れていると自覚しましょう。もしストレスがたまっていると感じているのであれば、まずは気持ちを穏やかにするように工夫することが大事です。疲れの原因が仕事であれば、ゆっくり休むのが良いです。そして洋服や下着も発症している最中は風通しの良いものを着用して締め付けないようにすることが大事です。ストレスがたまったら自分をいたわり、癒す必要があります。

 

カンジダ膣炎の治療方法:膣内洗浄

 

カンジダ膣炎の治療は原因菌となるカンジダ菌を殺菌する薬剤を使って行われます、カンジダ菌は真菌類のひとつでありカビの仲間で細菌による病気の時に使われる抗生物質は効果がありません。
カンジダ膣炎は市販薬では対処できないので婦人科での診察と治療が必要です、薬は膣内に挿入する薬剤と外陰部に塗る外用薬が主で、必要に応じて抗真菌剤の内服薬が処方されます、医師の指示を守れば必ず治る病気ですが、抵抗力が落ちている時や他の病気で抗生物質を服用している時などは治りが悪いか再発の可能性が高くなりますので、治療期間が長過ぎる時は全身状態の悪化を招くような他の病気についても詳しく検査したほうがよいでしょう。
治るまでの期間はおおよそ2週間ほどですが治りが悪いと1ヶ月ほどかかる場合もあります、医師の判断で膣内洗浄を行われる場合もありますが通院時に毎回というわけではなく一度も行われないこともあります、膣内洗浄が逆効果となる可能性もあるので自己判断で陰部の不快さの解消を目的としてビデによる自宅での膣内洗浄はしてはいけません、まずは必ず医師の判断を求めましょう。
完治は投薬の期間を終えて検査し、結果が陰性であれば判断されます。

 

 

膣の中を清潔に保つことが大切なカンジダ膣炎

 

性交渉だけでなく、抵抗力が低下している時期などに発症する事があるカンジダ膣炎の治療は、婦人科などの医療機関で正しい治療をするだけでなく、日頃から膣の中を清潔に保つように気をつける事が大切です。毎日の入浴をし、毎日下着を取り替えるなどして、膣の中を清潔を保つようにしると、カンジダ膣炎の治療に効果的です。下着が汚れた場合には、すぐに取り替えるようにしなければなりません。また、他の人への感染拡大を予防するために、使用するタオルなど患部に触れる物の共有は控えなければなりませんし、プールや温泉などの公共施設の利用を控えなければなりません。また、抵抗力が低下している事の自覚がある場合には、ゆっくりと休息と取り体力の回復に努める事も大切です。カンジダ膣炎は、女性だけでなく男性への感染するので、性別や年齢を問わずに誰にでも発症する可能性がある病気です。医療機関などでの治療と合わせて、膣の中を清潔な状態を保つ事が何よりも大切なのです。初期の場合には、症状があまり見られずに甘く考えてしまいがちなカンジダ膣炎ですが、悪化防止や再発防止のためにも、正しい知識と正しい治療をする事が重要です。周囲への配慮も忘れてはいけません。

ストレスを加えることで発症するカンジダ膣炎記事一覧

カンジタ膣炎を再発させないためにすることカンジタ膣炎は再発率が高く、中には性交渉をする度に再発するという人もいるほど簡単に再発してしまうのです。しかし、常日頃からちょっとした気遣いでカンジタ膣炎の再発を予防することが出来ます。もちろんまだ発症していない人も発症しないための予防にもなりますで、是非参考にしてみてください。まず、カンジタ菌はカビですのであたたかくてじめじめした場所を好みます。通気性が良...

カンジダ膣炎になりやすい妊婦実は私・・・妊娠中にカンジダ膣炎になったことがあるんです。これは、体内の免疫力が低くなっている時に感染しやすく、妊婦は結構かかる率が高いようです。ただ、妊婦の場合、定期検診でお医者さんに診てもらうことが多いので、カンジダ膣炎になっても、発覚が早く、出産までに確実に治療していくことが出来るので良いと思います。一般の人の方が、カンジダ膣炎に感染した場合、「なんだか痒いな~」...

カンジダ:痛い症状の原因カンジダは、真菌と言われるカビによって感染する病気です。性感染症の一種と言われていますが、性交以外でも感染するのが、カンジダの特徴です。特に男性よりも女性に多い病気で、症状としてはカッテージチーズ状のポロポロとしたおりものと、強いかゆみが出ることが多いですが、外陰部の炎症がひどくなると、痛みが出ることもあります。排尿時や性交時に痛いと感じて、病気に気づくこともあります。男性...

カンジダを完治させるために必要なことカンジダは、真菌と呼ばれるカビの一種で、口腔内や膣などに感染する病気です。特に女性に多く見られる病気で、一度感染するとすぐに治りますが、再発を繰り返す傾向にあるようです。カンジダ菌は、体内に常にいる常在菌で健康な状態であれば、発症することも少ないですが、免疫や抵抗力が下がった時、ホルモンバランスが崩れたなどに、感染することがあります。また、性感染症でもあるため、...

カンジダ特有のにおいとは正常な膣内に多く存在するデーデルライン菌は、膣の自浄作用や生体バリヤーとしての役割を果たしており、体調の悪化などでデーデルライン菌が減少し、カンジダ菌や膣ガルドネラ菌などが繁殖します。稀に、風邪薬などの抗生物質やビデなどによる過度の膣内の洗浄でもデーデルライン桿菌の減少し、膣ガルドネラ菌などの繁殖を引き起こすケースがあります。カンジダは、性行為で感染する為に伝染する性病のイ...